台湾

台湾でいま流行ってるスナック菓子『胖老爹』はお土産におすすめ

台湾に長く住んでいるとよく思うことが「台湾人って本当にチキンがすきだな」と。鳥に関しての料理が数多く台湾ではあります。日本ではあまり見ないですが骨付きのチキンをよく食べます。

わたしは骨付きのチキンは手が汚れるので好きではありませんが台湾人からすれば手が汚れるなんて関係ありません。

こういった揚げ物専門の店や屋台が数多くあります。

今回紹介するのはフライドチキンのお店から生まれたスナック菓子の紹介です。まずは胖老爹ってなに?って方のために簡単に紹介していきます。

胖老爹はフライドチキンの店

胖老爹はフライドチキンのお店です。台湾全体で200店舗以上あるフライドチキンのお店です。もちろん胖老爹以外にもケンタッキーも数多くあります。

台湾人のフライドチキンの消費量が多いからこれだけ台湾でフライドチキンのお店がたくさんあるわけです。わたしはクリスマスの時ぐらいしか食べませんが。

台湾人によく聞かれるのが「なぜ日本人はクリスマスにケンタッキー行くの?」と聞かれます。たしかに普段からフライドチキンを食べてる台湾人からしてみればクリスマス限定で食べる私達が不思議なんでしょう。

 

胖老爹の紹介動画

台湾YouTuberの古娃娃WawaKuさんです。

主に台湾の食べ物やコンビニの物を紹介してます。台湾のことについてYouTubeめぐりしてるとよく彼女に出会います。登録者80万人超え有名YouTuberです。

胖老爹についてもおすすめを紹介してくれてます。

チキン類だけでなくフライドポテトなんかも売ってます。

胖老爹のスナック菓子

家樂福(カルフール)のお店で見つけたんですがびっくりするぐらい台湾人全員これを買っていきます。ショッピングカートには胖老爹が必ず入ってます。それぐらい台湾で流行ってるお菓子です。

Instagramでも写真を撮ってる方が多いです

インスタ映え子
インスタ映え子
#胖老爹雞腿造型洋芋球

こちらの胖老爹雞腿造型洋芋球ですが思った以上に大きい袋です。なかなか日本にはないサイズのお菓子のサイズです。

なにかお家でパーティーとかある時に食べるのにおすすめのサイズで1人では決して食べきれません。

値段も約400円しますのでどれぐらいの量があるか想像していただけると思います。内容量は200g入ってます

もし台湾でお土産を探そうと思ったら家樂福(カルフール)はおすすめです。少し割高ですが色々なものが幅広く取り扱ってるので時間がない観光客にはおすすめのスーパーです。

今回紹介した胖老爹雞腿造型洋芋球も置いてありますのでぜひ家樂福(カルフール)に行くときは台湾人のショッピングカートを気にしながら買い物をしてみてください。

新たな発見があるかもしれませんよ。

中国語を勉強している方は見てね!