僕と台湾と時々中国語

台湾を中心にかいていく!

台湾にある足湯が蛇口をひねるスタイルでシュールすぎた

f:id:meron2419:20180111060702p:plain

台湾の中部にある足湯に入れる温泉に行ってきました。台湾のどのご家庭にも大抵は浴槽はついておりません、台湾人は基本シャワーです。なので台湾でお風呂に浸かりたいなと思ったら温泉に行くしかありません。台湾の大都市、台北に行けば「北投温泉」と呼ばれる立派な温泉地がありますが今回はそこには行っておりません。行きたかった・・

山奥にある小さな足湯施設

f:id:meron2419:20180111050712j:plain

台中に住んでいる台湾人はまあまあ行くといこで、今回私も夜景を見ながら足を浸かりたいと思い行ってきました。結構山奥にあります。フロントも台湾としては綺麗に出来ており高感度高いです。

f:id:meron2419:20180111052049j:plain

値段は120元ほど(日本円で約450円ほど)でまあまあ安いです。それに使い捨てのタオルも込みです。

入浴剤を自分で投入

f:id:meron2419:20180111050907j:plain

使い捨てカイロみたいな入浴剤がもらえるのでこれを自分でいれて温泉風になるというわけです。さすがです台湾。フロントで入浴剤を渡された時『えっなにこれ?』って思っちゃいました。

f:id:meron2419:20180111050823j:plain

あとは蛇口をひねって水道水を入れれば足湯温泉の出来上がりです。

自分で蛇口をひねって温度調節できる点が大変素晴らしいとおもいました。ちゃんと調べてないのでわからないですがおそらく水道水かと思われます。


足湯につかりながらお茶を飲む

f:id:meron2419:20180111050543j:plain

基本台湾人みんな足湯につかりながらお茶をたしなみます。お茶は別料金となります。


足湯はあれだが夜景は綺麗

f:id:meron2419:20180111050558j:plain 足湯については満足のいくものではありませんでしたが夜景はとても綺麗でした。台湾の市街地って空気が汚いので休みの日なんかに山奥のこの足湯施設に来るのもいいですね。

f:id:meron2419:20180111050957j:plain

貓頭鷹廣場の場所

一応地図を貼っておきますので台湾現地在住の方はぜひ行ってみてください。観光で来られる方は少し難しい場所にありますのであまりおすすめはできません。貓頭鷹廣場と言えば台中の人にはわかってもらえるローカルな場所です。