台湾

台湾人がよく使うSNSコミュニケーションアプリを紹介

台湾人と友達になろうと思ったらまずはコミュニケーションツールのSNSアプリをダウンロードしてなくてはいけません。今どき友達との会話でメールアドレスを使ったりすることは滅多にありません。メールアドレスでのやり取りはビジネスの時でしかありません。

台湾に訪れる前に台湾人が普段どんなSNSアプリを使っているか知っておこう

LINE(ライン)


台湾で主に使われているSNSアプリはLINE(ライン)です。

日本と一緒で台湾でもLINEが使用されています。なので台湾に行くときにわざわざ新しいアプリなどをダウンロードせずともそのままでOKです。

私のラインのアカウント内も日本の友達と台湾の友達でごっちゃになってます。

中国大陸ではLINEは規制されていて使えませんが台湾では問題なく使えます。

 

Facebook(フェイスブック)

LINEと同じくFacebookも多くの台湾人が使ってます。

台湾人は自分の名前や素顔をネットにオープンにすることに抵抗がないため日本人よりもFacebookを頻繁に使うことが多いです。

Messenger(メッセンジャー)

Facebookと連動して使えるコミュニケーションアプリがMessengerです。

Messengerの使用率もかなり高いです。LINEもあってMessengerも使うのはよく理解できませんが、台湾人の連絡先を聞きたければこの2つがあれば完璧です。

Instagram(インスタグラム)

インスタグラムは若い人を中心に急激に使う人が増えてきました。

台湾人のインスタグラムの使い方で多いのが”ストーリ”と呼ばれるショートムービーです。こちらは投稿して1日で削除されるので保存するまででもない内容などが気軽にアップできることが受けてます。

初めて会った時に相手の連絡先を聞くのにインスタグラムが1番聞きやすいです。台湾人をナンパしようと考えている日本人はまずはインスタグラムのダウンロードから始めてみましょう。

番外編:Wechat

台湾でのWechat(微信)について書いておきますと。

台湾人はWechat(微信)を使うことはありませんがアカウント、アプリを持ってる方は多いです。スマホには入ってるが使ってないという感じです。

中国ではLINEもFacebookもインスタグラムも使えませんから、中国に出張に行った家族とか友達と連絡を取るための手段としてアプリを使用してます。

まとめ

LINEさえ使っていれば台湾人と交流しようと思った時に困ることはないでしょう。

日本人と台湾人の違いはFacebookの使用頻度かな。顔と名前をあまり出したがらない日本人と全然気にしない台湾人との差かな。

カカオトークとかTwitterは台湾人は使いません。

しょーた
しょーた
私は台湾でLINEとインスタしか使ってません

中国語を勉強している方は見てね!