台湾

台湾の英語名は『Taiwan』なのか『Chinese Taipei』どっちが正解

スポーツの国際大会などでよく「チャイニーズタイペイ」という国名を目にします。この英語表記の国って一体どこかわかりますか?

高校生当時わたしはまだ台湾という国を知りませんでした。その時日本では野球の国際大会WBCで盛り上がり日本と対戦するいろいろな国を目にし、チャイニーズタイペイはどこかのアジアの国なんだろうな程度にしか考えてなかったです。

今回は台湾の英語表記について軽くご紹介していきます。

台湾の英語表記はなに?

台湾の英語表記については2つあります。

なぜ2つあるのかと言うと、台湾という国が国連で認められてない国だからなんです。

台湾人から言うと:

台湾はTAIWANと書くよ

 

中国人から言うと:

台湾はCHINESE TAIPEIね

こういった2つの英語表記がある原因は台湾と中国との歴史的背景が多くあるわけです。

最近では中国が各国の航空会社にTAIWANという表記を使わないでCHINAに変えろと圧力をかけたんですが、それに対しアメリカが子供じみた事はやめろと反論してくれた事があります。

うーぱーくん
うーぱーくん
簡単に言うと中国と台湾はまだ喧嘩中。

世界中で「Taiwan」は通じる

台湾人は外国人に対して絶対に「わたしの出身はチャイナだよ」とは言いません。彼らからすれば台湾は台湾であって中国とは違うわけですから同じにされたくありません。

なので世界で広く通用する「Taiwan」のほうが英語の表記としては最適なのかもしれません。

メイド・イン・タイワン

最近無印良品で台湾の商品を多く見るようになりました。

なんとルーローハンのレトルトも無印良品で取り扱ってます。

無印良品のラベルの裏をよく見ると「原産国 台湾」と表記されています。原産国が台湾のものがおおくなりましたね。以前はメイドインチャイナでまとめられてのではと思います。

台湾人は自分の英語の名前を持ってる

台湾人は自分の英語名を持ってます。

仕事のときとかも中国語での名前は使わずに英語の名前を使う台湾人が多いです。わたしが前バイトしてたときも英語名の台湾人が多いので中国語本名はわかんないって方がいました。

ケリーとかマイケルとかごくごくありふれた名前の台湾人多いですので今度買い物したときやレストラン行った時に注意深くして名札を見てください。

わたしたち日本人は英語を勉強してる人でない限り自分の英語名を作ってないです。でも台湾人は大体みんな自分の英語名を作ってます。

まとめ

台湾の英語名は結局『Taiwan』か『Chinese Taipei』どっちなの問題は各個人が自分自身で決めてください。歴史的背景が多くありますのではっきりとこうだとは言い切れません。

2020年東京オリンピックはどうなってるか楽しみですね。