台湾

台中の観光を日帰りで済ませるおすすめのプランを紹介します

台湾の中心部にある台中のはなかなか日本人観光客が足を運ばない都市で、日本からの直行便がないので台北からのアクセスとなってしまいます。

台中ってどんなとこ?と言われると台湾の中で1番過ごしやすい気候をしている都市で規模も台湾第2位の都市です(高雄と肩を並べてるかな)

短い期間の台湾観光のなかで台北だけでなく1日だけでも台中に足を運んでほしいなとおもい台中大好きなわたしが日帰りで楽しめるモデルコースを考えてみました。

台中で必須の観光地

台中必ず訪れたい観光地3つ
  1.  宫原眼科
  2.  高美濕地
  3.  逢甲夜市

この3つは台中を代表する観光地で来たからには必ず訪れたい場所です。

わたしも友達なんかに台中でどこに行くのがおすすめかと聞かれたら迷わずこの3つを紹介します。また1日で周るのにちょうどいいスポットです。

台中はまだMRTが開通してないので移動は基本的にバスになります。まだ悠々カードを飼ってない方はコンビニで買っておきましょう。

あわせて読みたい
悠遊卡(EasyCard)の購入方法とチャージ方法について紹介するよ 悠遊卡は台湾に住むには必ず持っておいたほうがいい電子マネーカードです。台湾での電子マネーカードのシェアが65%以上を誇ってます。...

 

それでは3つの台中の観光地をどのように周っていくのがいいか紹介していきます。

はじめに宫原眼科に

まずはアイスで有名な宮原眼科に行きます。

宮原眼科は台中にしかないお店で台北にはありません。アイスの種類がかなり豊富で女子は必ず迷います。

あわせて読みたい
台湾で1番有名なアイス「宮原眼科」はインスタ映え狙いの女子必見 台中No. 1 観光スポットってどこ?って聞かれた時、わたしは迷いもせずここ「宮原眼科」をおすすめします。台中在住歴は長くなりますが宮...

アクセスについて

旅の初めは台中駅を中心にするとわかりやすくていいです。台北から長距離バス(客運)に乗る場合ここで降りることが多いです。帰りもここを覚えておきましょう。

また台中駅もひとつの観光スポットでもあります。日本が台湾を統治してた時代の駅舎を見ることができます。

宫原眼科と台中駅は歩いて3分ほどの距離にありますので歩いて移動しましょう。

宮原眼科の営業時間

宫原眼科の営業時間は午前10時から夜22時までの営業時間。

土日でしたら結構混むので9時半ぐらいから店の前で待ってるのがいいかも。

宮原眼科のお土産はおしゃれでおすすめです。宮原眼科だけのパイナップルケーキもありパッケージがとてもおしゃれです。他にもチョコレートや茶葉など色々とあります。

お土産を買うなら宮原眼科を最後に訪れるか、最後にもう一度行くかのどっちかにしましょう。

夕方におすすめ「高美濕地」

高美濕地は台湾のウユニ湖とも呼ばれています。

昼間の晴れた時間もいいんですが1番のおすすめは夕日が出てる時間

夕日が出ている時間帯ですと自分自身が湖に反射して綺麗なインスタ映えした写真を撮ることができます。

注意点としましては高美濕地には裸足で入ることになるので冬の時期でない限りサンダルで行ったほうがいいかもしれません。

アクセス方法についてはこちらの記事へ

あわせて読みたい
【309】高美湿地へのアクセスは”309番”のバスだけ覚えればいいよ【309】 高美湿地へのアクセス方法やバスでの行き方の記事になります。 先日ひとりで高美湿地へ遊びに行ってきました。台中在住歴は長いのでそこまで調...

夜は逢甲夜市で美食を楽しむ

台湾と言えば夜市ですよね。

逢甲夜市は逢甲大学の前にある台中最大の夜市となっております。台中市民は夜はみんなここに集まるといっても過言ではありません。わたしも暇な時は必ずここに来ちゃいます。

食べ物だけでなく服とかもあるので女性は楽しいかもしれません。

最後に台中駅に戻りバスに乗って台北に帰り終わりなんですが、ここ逢甲夜市の近くにも台北行きのバスステーションがあります。

朝馬でグーグル検索してみてください。

まとめ

今回紹介して3つの観光地を行けたら台中を十分楽しめたと思います。

1日だけという限定された時間でのモデルコースの紹介でしたが、まだ他にも台中で訪れてほしい観光地はありますので台北に飽きたという方は台中で2泊3日ぐらい旅行に来てもいいんではないでしょうか。

以上「台中の観光を日帰りで済ませるおすすめのプランを紹介します」でした。

あわせて読みたい
台中の超有名マンゴーかき氷『美村點頭冰』はダントツでおすすめ 台湾でわたしがいつも食べるマンゴーかき氷のお店の紹介です。 台北ではなく台中になってしまうので、少しアクセスは大変になってしまいますが...

ここのマンゴーも行ってほしいな。